ビックカメラは電話窓口に、ヤマダデンキは通訳に留学生起用

中国語のできるひとが急激に必要とされています。
中国語を勉強するなら早い方がいいですよ。
 
日本経済新聞より
 
家電量販店が中国人観光客の取り込みを強化する。
ビックカメラは今月中旬、中国人訪日客向けの専用電話窓口を設置。
ヤマダ電機やヨドバシカメラは中国人留学生の採用を増やし、接客力を向上する。
中国人の個人観光ビザの発給要件緩和や東京・羽田空港の国際線発着枠拡大で、中国人客が今後も増えるとみて対策を急ぐ。
 
ヤマダデンキは4月、在日留学生など中国系の人材を約100人採用し、中国系の社員数を従来の3倍程度に増やした。
2009年春は数人程度の採用だった。
都市部の大型店に配置し接客や通訳業務にあてる。
ヨドバシやラオックスも通常の新卒採用とは別に、4月に中国人の契約社員やアルバイトを10人前後採用。
東京・秋葉原など観光客の多い店舗に配置する。
 
 
ビックカメラは中国からの旅行客に中国語で応対する電話相談窓口を設ける。
電話番号は北京や上海の空港などで現地企業を通じて配布する最大13%の割引クーポンに記載。
クーポン券の使い方や、店舗や商品についての質問を受ける。


中国語を使いこなす有能な社員になろう!

10日間中国語完全マスタープログラム
初回アクセス大幅割引あり!!

関連記事

  1. 中国人はまとめ買い・爆買い
  2. 中国旅行に行くまで後10日ある?
  3. つんくが薦める中国語教材
  4. 矢野浩二さんが帰国
  5. 中国語ガイドが不足